2017年12月08日

TokyoComicCon2017①



この前の休日、たまたまニュースで知ったコミコンに遊びにいってきました。

コミコンは去年から東京で開催された祭典で、映画や漫画といったアメリカのポップカルチャーを紹介する見本市になります。

私はてっきりアメコミのみの見本市かと思ってましたが、本国でも内容は拡大され、年々枠に囚われないイベントとなっているそうです。

私はとりわけ映画が大好きですので、ハリウッドで使用されたプロップを見学がてら、いってみることにしました。




いったのは日曜最終日。朝から幕張に向かいイベント会場へ。





会場はすごい熱気に包まれ、かなりハイテンションでした。
イベントは過去にもオモチャショー、モーターショーといったことはありますが、コミコンはまさにアメリカ。ちょうど米軍基地の友好祭にいったような印象を持ちました。

というのも、けっこう外国の方が多くいたため、英語が飛び交っていました。





セキュリティを通ったら、スタッフから各ブースのチラシを入れたりする袋を受け取ります。

これがオシャレかつよくできていて、防水の上に簡易サックになる仕様になっています。

けっこう大容量ですので普段使いでアウトドアに使えそうです。

さすが合理主義のアメリカです。





そして会場入り口近くにはコスプレイヤーさんがズラリとたくさん。

AT-STの前にはイモータン・ジョーが。
写真撮る人もノリがよくV8、V8といってました。




私は最近、メタリカのハードワイアードにのせたマッシュアップがお気に入り。みているだけでアトラクションに乗ったかのような爽快感があって最高です。




スパイディがたくさん。

ホームカミングはラモーンズのエンディングが良かったですね。

あとマイケル・キートンによる悪役ははまり役でした。バートマン以降、見事返り咲いたと思います。




ヒットガールがうろうろ。

キックアスは映画公開時小さい劇場だけしかやってなかったので、立ち見で映画をみました。

ビッグダディ演じるニコラスケイジがいい味でてました。

最近、映画館でみなくなりましたが。




ばっちりしキマってるスーパーガール。

スーパーガールのコスプレイヤーはけっこうたくさんいました。

おそらくメリッサ・ブノア版の海外ドラマの影響があるかと思います。
本国ではかなりヒットして、すでにシーズン3に突入しています。

DCコミックにしてはポップで明るい印象で、スパイダーマンのように人間味溢れるキャラクターがうけたといったところでしょうか。

確かヒーローをやるのが嫌になってグレたエピソードがあったと思います。

私が子供の頃にみたのはヘレン・スレイター演じる映画版スーパーガールで、ヒドイ映画だったと認識しています。木曜洋画劇場かで、吹き替えでみたと思いますが、当時にしては珍しい棒読み演技でした。

音楽は地味にジェリーゴールド・スミスと豪華なんですが、ストーリーが全て突発的で、勝手にことがはじまって、自然に話しが終わってくような、ファジーな映画だったかと思います。

海外でも酷評ですが、カルト的に人気がある作品で、メイキング含めたブルーレイまで発売されています。

ちなみにヘレン・スレイターはドラマ版の方でスーパーガールの母親として登場しています。





スターウォーズのコスプレは有名な501軍団を中心にクオリティの高い帝国軍を披露していました。

自分もストームトルーパーのマスクを作っていたので、ウェザリング具合などとても参考になります。

12月はついに新作が公開ですね。

マークハミルは寿司ガールという映画に出てたとき、今後の役者人生をどうするんだろうと思っていましたが、今作では大物感たっぷりに出演してますね。





完全にスクリーンは飛び出しちゃってるプレデターはクオリティ云々というよりもう本物です。

マスクは目が光ますし、有名な3点レーザーも射出します。

どういう仕組みかわかりませんが、唸り声まで出ちゃいます。

サービス精神旺盛でお客さんの要望でエイリアンvsプレデターを再現してくれました。


今年はビリー役のソニー・ランダムが亡くなくなってしまったので、悲しい年でもありました。

来年には、プレデターでホーキンス役を演じてましたシェーン・ブラックによるリブート版が公開されるそうです。




最後は個人的お気に入りの女性版ゴーストバスターズ。

勢いがあり、表情が個性的で楽しそうなのがいいですね。

パーフォーマー出身なのか、動きにキレがあり、各ブースにいってはゴーストバスターズ色に染めて回ってました。


私は古いオリジナル版みて育った世代で、ボンクラ集団が町のヒーローになり、最後大円団を迎えるというストーリーはいつみても色褪せなくていいですね。

子供のときは1で犬になり、2でゴーストバスターズのメンバーになった会計士のルイスがお気に入りです。

リブート版も悪くないですが、最後おいしいところはクリス・ヘムズワースが持ってってしまったという印象が否めませんでした。

続編も決定しているみたいで次作に期待したいところです。



あと思い返せばよかったなというキャラは、写真は撮っていませんが、サイモン・ペグのお面被っている人とバック・トゥ・ザ・フューチャー3でドクにもらったダサいウェスタンを着るマーティーですかね。

サイモンペグの人はおそらく女性が扮装していたかと思いますが、純粋にサイモン・ペグなのか、ショーンオブザデッド等の映画のサイモン・ペグなのか気になるところです。

とまあコスプレの紹介だけで随分長くなってしまいましたが、カッコいい系と面白系が混在して楽しかったです。

各ブースの紹介は次回にしたいと思います。











同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ギアフェスin東北〜装備編
ギアフェスin東北〜その2
ギアフェスin東北〜その1
サバパー4周年ゲーム
Peace Maker Game (DESERT UNION)
ユルゲ(装備編)
同じカテゴリー(イベント)の記事
 ギアフェスin東北〜装備編 (2018-06-23 02:45)
 ギアフェスin東北〜その2 (2018-06-18 03:11)
 ギアフェスin東北〜その1 (2018-06-09 22:40)
 サバパー4周年ゲーム (2018-05-31 02:33)
 Peace Maker Game (DESERT UNION) (2018-05-29 03:25)
 ユルゲ(装備編) (2018-03-11 16:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。