2015年08月24日

デルタなメット①



前回の続きも含まして、まとめ的なもの。




まずはデルタを象徴するアイテム、mich2002(ガンファイターヘルメット)。
これ一つでウッドランド、3カラー、AOR1、マルチカムと幅広い時代に対応できます。

レプリカもエマーソン、TMC、UFCなど多くのメーカーから発売されています。

Mich2002と合わせて鉄板アイテムであるanvisとバッテリーボックスですが、こちらはヤフオク等のオークションで入手が可能です。

どちらもだいたい2万強の相場でこれ以下に値崩れすることはほとんどありません。

レプリカは一応、存在しますが、そのほとんどが個人製作のものになります。

私も国内で作られたanvisとバッテリーボックスのレプリカを購入しており長年使用しております。

レジンで可動こそしないものの、光学機器をのせなければレプリカでいい気がします。




次に私のガンファイターを紹介したいと思います。

いきなり汚ないメットですが、こちらはjtech製でレプリカの中で精巧なものとして知られています。

なんでもメットの耳にあたるところが実物同様のカーブ、角度になっていてリアルに再現がされているそうです。

昔は中田商店さんなどのお店で購入できたそうですが、現在こちらのモデルは廃盤だそうで非常に入手し難くなっております。
私の場合、オークションでこのボロボロのモノを手に入れました。

ところどころ穴が空いていたのでタミヤのエキシポパテで補修しています。




Anvisとバッテリーボックスのレプリカです。けっこうずっしりできており丈夫な質感です。




メットにanvisの直付けは裏の四隅にあるネジ穴に固定します。
そのためメットに4つもドリルで穴で開ける必要があります。
私はanvisに長ネジを取り付け、ワンホールでセットアップできるようカスタムしました。






Anvisをつけるとこんな感じです。
塗装はタミヤの塗料をメインに行いました。

セットアップはスプーナー氏を意識したものにしました。

HL1、MS2000があるとよりらしくみえます。どちらもレプがあるのでうれしいところです。ESSやボレーのゴーグルもアクセントとしてあった方がいいかもしれません。

地味に手に入れ辛かったのがヘルメットランヤードで、探すのに苦労しました。

どこでも売ってそうなイメージがあったのでホームセンター、アウトドショップといろいろ探しましたが、あのミリフォトにあるような、ちょうどいい大きさのフックがなかなかありませんでした。

結局、私はイベントで個人出店されている方から購入しました。




ガンファイター繋がりでこちらの変わり種のメットを作ってみました。
Anvisの直付け、ARCの直付けがDIYを好むデルタを感じさせます。




用意したのはレプのコム1、ARCアダプタ、長ねじ。




メットは2002だとコム1が干渉しそうな気がするので2001でやってみました。




作りは単純で、アダプタ取り付けの穴をドリルであけ、




長ネジをナットで締め上げたら、





完成です。映画「エリジウム」に出てきそうな武骨なデザインでどこかSFを感じます。





アダプタもレイルの取り付け時と特に変わらず、コム1を可動させることができます。




実際、この前のサバゲで使用してみましたが、非常に使いやすかったです。
バンドの締め付けがないと、こんなに楽かと思いました。

またミリフォトの写真だと3Cを着ているようなので少し古い時代も対応できそうです。
作るにあたって材料も安く、小難しい技術もいらないのでおすすめだと思います。


他のメットへ続きます。





同じカテゴリー(装備)の記事画像
ユルゲ(装備編)
ユルゲ
ギアフェス2017(装備編)
ギアフェス2017
AIR SOFT ZONE DELTA
アストレア
同じカテゴリー(装備)の記事
 ユルゲ(装備編) (2018-03-11 16:45)
 ユルゲ (2018-02-12 15:56)
 ギアフェス2017(装備編) (2018-01-13 02:01)
 ギアフェス2017 (2018-01-02 00:54)
 AIR SOFT ZONE DELTA (2017-11-09 02:33)
 アストレア (2017-09-07 01:28)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。